SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

千趣会、LINEの無料通話でベルメゾンの注文・問い合わせを可能に!チャットサポートも導入

 千趣会は、LINEが提供する法人向けカスタマーサポートサービスを、同社が運営する「ベルメゾン」のコールセンターに導入。LINEの無料通話やチャットサポートを活用した、注文・問い合わせの受付を開始した。

 具体的には、2つのサービスが利用可能となる。

 ひとつは、LINEの無料通話を活用した電話サポート。これまで、スマートフォンなど携帯端末からの通話には有料のナビダイヤルで対応していた。しかし今後は、LINEの無料通話機能を利用して、商品配送に関する問い合わせや注文を行うことができる。

 もうひとつは、LINEトーク画面でのチャットサポート。パスワードの再設定、配送状況の確認、サイズ交換の方法といった、よくある質問や問い合わせにはAIを活用。一方、不良品への問い合わせなどの場合は、AIからオペレーターへ連携して対応する。

 また同社は今回、LINEログインもあわせて導入。LINEログインは、「ベルメゾン」会員番号とLINEアカウントの連携機能を兼ね備えている。LINE上で連携した顧客には、購買・閲覧情報を活用したセグメントに基づき、LINEを通じた販促配信を行う。

【関連記事】
千趣会、「ベルメゾンネット」の顧客体験向上目指し「IBM(R)Tealeaf CX」を採用
千趣会、育児キュレーションサービス「nicottie」の提供を開始
雪印メグミルク、千趣会の子会社「主婦の友ダイレクト」と資本業務提携へ
千趣会とコメ兵が提携、ブランド買取「うるらく」オープン
衝動買いも喚起、画像によるレコメンドサービス「ベルメゾン ムービング サーチ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/28 17:00 https://markezine.jp/article/detail/29849

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング