SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日テレ、4月から巨人戦中継の非サイマル放送をスタート

 2008年4月に3年目を迎える携帯電話向け地上デジタル放送(ワンセグ放送)は、改正放送法によって新たにワンセグ専用番組の放送(非サイマル放送)が可能になる。日本テレビは、2008年シーズン中にプロ野球巨人戦を中継する番組「ワンセグ・プレミアムナイター」で、非ワンセグ放送を2段階に分けて実施する。非ワンセグ部分は関東ローカルのみの放送でCMなしの展開となる。

 ファースト・ステップは、4月1日~4月3日の巨人・中日戦。ストライク・ボール・アウトを表示する「SBOスーパー」など画面表示の拡大が可能になるが、放送枠やCMについては、地上波放送と変わらない。一方、セカンド・ステップは、5月以降の地上波放送ナイターのうち10試合程度を予定。SBOスーパーなど画面表示の拡大、地上波でのCM放送中に、ワンセグでは独自映像・音声を展開するほか、試合展開によりワンセグのみ最大21時54分までナイター放送を延長する。

今シーズンのワンセグ放送では、SBOスーパーが拡大できる
※画像はプレスリリースより転載。

 日本テレビでは2008年度を「ワンセグトライアル期間」と位置づけ、ナイター中継をいつでもどこでも楽しむための、新たな可能性を探るとしている。

【関連リンク】
巨人戦チケットを自宅のパソコンで発券できる「チケットGIANTS」3月スタート
日テレ、今年の巨人戦はワンセグでも中継
テレ東、電通・博報堂DYとワンセグデータ放送向けの広告運用実験を実施
日本テレビとリクルートが業務・資本提携、テレビ番組のネット・ワンセグ展開に向けて協力
日テレとドコモがワンセグで新サンプリング広告手法の実験を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/03/27 11:30 https://markezine.jp/article/detail/2990

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング