SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JR九州とShowcase Gigが流通・外食事業のデジタル化に向けて資本業務提携 アプリの改善も

 九州旅客鉄道(以下、JR九州)とモバイルオーダー・決済システムを手掛けるShowcase Gig(ショーケース・ギグ)は、JR九州グループの鉄道事業や流通・外食事業などにおけるデジタルサービス強化を目的として、資本業務提携を行った。

 これまで両社は、共同開発の形でJR九州の公式スマートフォンアプリ「JR九州アプリ」を提供してきた。「JR九州アプリ」には、列車予約や時刻・運賃検索、運行情報など基本的な機能のほか、JR九州の鉄道を楽しめるゲーミフィケーション機能が搭載されている。

 現在、JR九州グループが運営する飲食店や小売店、宿泊施設などでは、店舗におけるインバウンド対策や少子高齢化による労働力不足が課題となっている。Showcase Gigが提供するモバイルオーダー・決済システム「O:der(オーダー)」では、スマートフォンだけで注文と決済を済ませることが可能。これにより、店舗利用者は、券売機や店頭で並ぶことなくキャッシュレスで商品を受け取ることができる。また、店舗ではレジ打ちなどのオペレーション削減による省人化・省コスト化につながる。

 JR九州は、店舗のデジタル化を実現できるShowcase Gigのソリューションに親和性を感じるとともに、「JR九州アプリ」の実績を踏まえ、今回の資本業務提携に至った。

 両社は提携を通じ、「JR九州アプリ」におけるネット予約の操作性向上および利用シーンに応じた情報提供の最適化といった機能強化に加え、他の交通機関などを含めたシームレスな検索・予約の実現について検討する。さらに、Showcase Gigの持つ技術力やノウハウを活用し、JR九州グループの流通・外食事業などの現場における人手不足やキャッシュレス化、インバウンド対策といった課題に取り組んでいく。

【関連記事】
ビースポークとJR東日本企画が連携 訪日外国人向けのAIコンシェルジュを提供開始
アイティメディア、JR東海エージェンシーと協業 サイネージとネットメディアを連携させた広告商品提供へ
JR西日本、駅現場からの情報共有を速めるためビジネスチャット「direct」を導入
JR東日本ウォータービジネス、東京駅に「イノベーション自販機」を設置 アプリで事前購入やプレゼント
ipoca、JR西日本グループと資本・業務提携〜O2Oアプリを導入へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/25 14:30 https://markezine.jp/article/detail/30039

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング