MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Instagramが大躍進!ネットサービスの利用者数ランキング2018【ニールセン デジタル調査】

2018/12/26 17:15

 ニールセン デジタルは、2018年の国内におけるデジタル全体とスマートフォンでのネットサービス利用者数ランキングを発表した。

デジタル全体では「Yahoo Japan」「Google」が2強

 デジタル全体の利用率では、「Yahoo Japan」が54%(6,743万人)で1位、次いで「Google」が同じく54%(6,732万人)で2位、3位は「YouTube」で50%(6,276万人)という結果に。上位3つのサービスは、人口の半分が毎月利用しているという規模だった。

スマートフォンでは「Instagram」が大躍進

 スマートフォンからの利用者数については、上位10のうち9つのサービスで、昨年から引き続き利用者数が増加。1位~4位のサービスの順位は昨年と変化が見られなかった。また、昨年はTOP10の圏外だった「Instagram」が9位にランクイン。増加率は、トップ10の中で最も高い39%だった。

「LINE」利用者は5,500万人超え

 スマートフォンアプリにおいても、利用者数増加の傾向が見られた。10位までのサービスのうち、増加率が2桁台のサービスが8つあった一方、昨年と比べて顔ぶれには大きな変化が見られなかった。6年連続で利用者数が最も多い「LINE」は、2018年も利用者数を伸ばし、利用者数は5,500万人を超えた。

【調査概要】
<トータルデジタル>
調査主体:ニールセン デジタル
調査期間:2018年6~10月
調査手法:ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)のデータを基に算出
調査対象:PCは2歳以上、スマートフォンは18歳以上の男女

<スマートフォンおよびスマートフォンアプリ>
調査主体:ニールセン デジタル
調査期間:2018年1~10月
調査手法:ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView)のデータを基に算出
調査対象:18歳以上の男女

【関連記事】
クライドの「ADMATRIX DSP」がニールセンとデータ連携 動画広告の詳細な効果測定が可能に
ニールセン スポーツとレバンガ北海道、パートナー契約を締結!新規スポンサー獲得&ファン拡大へ
ニールセン、デジタル広告のリーチ&ビューアビリティ計測を統合した新ソリューションを提供開始
「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率」が日本でもリリース 記事から動画まで包括的に測定
ニールセンとTrue Dataが提携 小売企業向けに分析ソリューションを展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5