SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

人物動画とFlashで複雑な商品説明もバッチリ、アイレップの「PIP-LPO」サービス

 「PIP」とは「Person in Presentation」の略で、人物動画とFlashを融合させたコンテンツによって、商品や説明グラフなどを使用しながら、身振り手振りを交えたプレゼンテーションが可能な手法で、複雑なる金融商品や、高齢者向け商材の紹介などに威力を発揮する。

「PIP-LPOサービス」のサンプル画面

 「PIP-LPOサービス」は、アイレップが持つLPOロジックとPIPを融合させたサービスで、アイレップのSEMノウハウをもとにして、商品・サービスへの興味関心を高める表現手法を活かすことによって、ランディングページやWebサイトからの離脱率低下を実現する。

 「PIP-LPOサービス」は、スタンダードプラン(1ページ制作・動画100秒、4シーンまで)と、完全カスタマイズのオリジナルプラン(制作ページ数、動画秒数、シーン数などの制限なし)のいずれかを選ぶことができる。制作にあたっては事前には現状・競合分析を実施し、制作後にはリスティング広告の効果検証レポーティングを行う。

【関連リンク】
業界別LPO分析~金融業界のPIPにみるWeb動画の可能性
BtoBサイトが陥いりやすい罠~そのLPOでコンバージョンは増えるか?
「お客さまは3秒程度しかページを見ない」 LPOを意識したサイトの作り方
LPO戦国時代を勝ち抜け!業界比較で見えてくるLPO対策の勘所

「アイレップ、「PIP-LPOサービス」を提供開始」(プレスリリース、サンプル動画へのリンクあり)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/03/31 15:26 https://markezine.jp/article/detail/3013

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング