SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルガレージ、家電メーカー向けの広告効果測定ソリューションを提供へ GfKジャパンと協業

 デジタルガレージ(以下、DG)は、マーケティングリサーチ事業を手がけるジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(以下、GfKジャパン)と協業し、家電メーカー向け広告効果測定ソリューションの提供を開始する。

「家電メーカー向け広告効果測定ソリューション」イメージ
「家電メーカー向け広告効果測定ソリューション」イメージ

 DGはこれまで、DGグループのビッグデータを活用した「BIG MINING(ビッグマイニング)」をはじめ、生活者のデータを利用した様々なソリューションを開発してきた。

 今回発表された家電メーカー向けの広告効果測定ソリューションは、DGが保有するデジタル広告出稿データを、家電製品などの販売実績(POS)データを活用したGfKジャパンの「GfKマーケティング・ミックス・モデリング(MMM)」に掛け合わせたものだ。これによって、デジタル広告の実売効果を可視化し、家電メーカーのマーケティング施策におけるROI(Return On Investment:投資対効果)の向上を支援する。

 同ソリューションはまた、家電製品のPOSデータに加え、テレビCMやデジタル領域の広告出稿データ・製品価格・プロモーション・競合情報・シーズナリティなどの外部要因を組み込んだ多変量解析を基盤としている。そのため、売り上げに貢献する様々な要因を定量化し、広告の売り上げに対する貢献度やその他要素との相関関係を把握することができる。

 その他、広告の出稿量や価格の変更が実売に与える効果のシミュレーションを通じて、将来的なテレビCMやデジタル広告などにおける予算配分の最適化・ROIの向上にも貢献する。

【関連記事】
顔写真からパーソナルカラーを診断し、商品を提案!コーセー、デジタルガレージの「irofit」導入へ
デジタルガレージ、ITエンジニアをターゲットにした企業の採用マーケティング活動を支援
デジタルガレージとKDDI、戦略的提携に向け基本合意
アイリッジ、デジタルガレージと連携 一気通貫のマーケティング・ソリューション開発を強化
デジタルガレージとReproが協業 ゲームアプリ向けにCRMのコンサルティングサービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/22 07:00 https://markezine.jp/article/detail/30186

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング