SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、「GMC Maximizer」で動的リマーケティングのフィード修正に対応

 サイバーエージェントは、Googleショッピング広告のインプレッションを最大化させるサービス「GMC Maximizer」において、動的リマーケティングのフィード修正への対応を開始した。

同サービスのフロー
同サービスのフロー

 同サービスは、Googleショッピング広告において、フィード内容の不備によって発生する審査落ちを解消し、広告配信可能アイテム数の増加を図るもの。今回、Googleショッピング広告のフィードに加えて、動的リマーケティングのフィードにおいても不承認アイテムの取得・修正が可能となった。フィード内容の不備で配信に至らなかったアイテムを配信させることで、成果獲得の最大化を見込める。

 なお、同サービスを導入した先行テストでは、広告配信可能アイテム数が導入前と比べ127%にまで増加した。

 今後同社は、新規出店店舗のGoogle Merchant Centerへの店舗自動追加機能を開発する予定だ。

【関連記事】
「AdPicker」と「Smart Canvas」が接続 キーワードと連動したバナーを配信可能に
CAのアドテクスタジオ、「AIコールセンター研究所」を新設 次世代型チャットカスタマーサポートを推進
CAの「AI Lab」、早稲田大学 田中准教授と産学連携を開始 「広告領域における最適化問題」を研究
CA Wise、「LINEポイント リワードAD」の新フォーマット動画広告を配信開始
CAのAI Lab、慶応義塾大学 星野教授と「広告クリエイティブ選択アルゴリズム」の共同研究を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング