MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Salesforceの顧客DBと連携しリード重複を回避!サンブリッジの名刺デジタル化サービスに新機能

2019/02/01 07:00

 Salesforceおよびマーケティングオートメーション(以下、MA)の導入支援・定着化・連携活用を支援するサンブリッジは、Salesforce一体型クラウド名刺デジタル化サービス「SmartVisca(スマートビスカ)」において、新機能となる「リード連携拡張パッケージ」の提供を開始した。

「リード連携拡張パッケージ」イメージ

 名刺情報の活用においては、データベース内の顧客情報や取引先情報の重複が発生する恐れがあるため、名刺の獲得状況に応じて、見込み顧客(リード)や既存顧客(取引先責任者)と正確に連携することが求められる。

 今回提供開始となった「リード連携拡張パッケージ」は、Salesforceが持つ顧客データベース内の「リード」「取引先」「取引先責任者」のデータと密接に自動で連携。これによって、重複を発生させることなく、名刺から各種Salesforceデータを更新・作成することが可能になる。

 また、同機能を通じて、Salesforceのリードに正確に取り込まれた名刺情報をMAツール「Pardot」のプロスペクトに連携することもできる。そのため、常に正確な名刺情報を、重複なくMAツール内で活用することが可能となる。

【関連記事】
SMBC信託銀行、「Salesforce Marketing Cloud」を導入
DNP、Salesforceのマーケットプレイス上でDM自動送付アプリを提供へ
IMJ、RtoasterとSalesforce Marketing Cloudの連携パッケージを開発
IMJ、SalesforceとGoogleが連携したソリューションの活用支援サービスを開始
電通デジタル、ワイヤードビーンズと連携 Salesforce Commerce Cloud事業を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5