SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Salesforceの顧客DBと連携しリード重複を回避!サンブリッジの名刺デジタル化サービスに新機能

 Salesforceおよびマーケティングオートメーション(以下、MA)の導入支援・定着化・連携活用を支援するサンブリッジは、Salesforce一体型クラウド名刺デジタル化サービス「SmartVisca(スマートビスカ)」において、新機能となる「リード連携拡張パッケージ」の提供を開始した。

「リード連携拡張パッケージ」イメージ

 名刺情報の活用においては、データベース内の顧客情報や取引先情報の重複が発生する恐れがあるため、名刺の獲得状況に応じて、見込み顧客(リード)や既存顧客(取引先責任者)と正確に連携することが求められる。

 今回提供開始となった「リード連携拡張パッケージ」は、Salesforceが持つ顧客データベース内の「リード」「取引先」「取引先責任者」のデータと密接に自動で連携。これによって、重複を発生させることなく、名刺から各種Salesforceデータを更新・作成することが可能になる。

 また、同機能を通じて、Salesforceのリードに正確に取り込まれた名刺情報をMAツール「Pardot」のプロスペクトに連携することもできる。そのため、常に正確な名刺情報を、重複なくMAツール内で活用することが可能となる。

【関連記事】
SMBC信託銀行、「Salesforce Marketing Cloud」を導入
DNP、Salesforceのマーケットプレイス上でDM自動送付アプリを提供へ
IMJ、RtoasterとSalesforce Marketing Cloudの連携パッケージを開発
IMJ、SalesforceとGoogleが連携したソリューションの活用支援サービスを開始
電通デジタル、ワイヤードビーンズと連携 Salesforce Commerce Cloud事業を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/01 07:00 https://markezine.jp/article/detail/30280

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング