SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AIが5タイプの動画クリエイティブを生成!オープンエイト、「VIDEO BRAIN」に新機能を追加へ

 オープンエイトは、自動動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」において、多変量解析による複数動画生成や音声の自動テロップ化、数千万点の素材提供といった新しい機能を、β版として4月から追加する。

 「VIDEO BRAIN」は、写真やテキストなどの素材を入稿すると、AIエンジンが入稿データを分析し、ストーリー性のある動画を自動で生成できるもの。このため、専門知識がないユーザーでも動画編集が可能だ。

多変量解析による複数動画生成のイメージ
多変量解析による複数動画生成のイメージ

 今回追加予定の新機能は、次の3つ。1つ目は、多変量解析による複数動画生成。テキストデータや動画・静止画などの素材を入稿すると、AIが5タイプのクリエイティブバリエーションを自動で生成する。動画広告においては、一番効果の高かったクリエイティブを選択すると、選択されたクリエイティブを基に、さらに5つのバリエーションが自動生成される。。この機能は、あらゆるパターンの動画検証を必要とする運用型動画広告などに適している。

音声の自動テロップ化のイメージ
音声の自動テロップ化のイメージ

 2つ目の音声の自動テロップ化は、インタビュー動画などの音声が入ったMP4素材を入稿すると、動画に入っている音声をAIが認識し、テロップを自動で挿入する機能だ。

 3つ目は、数千万点の動画・画像素材提供。ユーザーが動画作成用の素材を持っていない場合、素材の検索が可能なほか、シーンに合った素材をAIが提案してくれる機能もある。なお同社は、素材提供に際し、写真・イラストといったデジタル素材のマーケットプレイス「PIXTA」を運営するピクスタなどとAPI連携を実施。パートナー企業が展開する素材の一部を提供していく。

【関連記事】
素材を入稿するだけでAIが動画を制作!オープンエイト、「VIDEO BRAIN」の提供を開始
オープンエイト、おでかけ動画マガジン「ルトロン」のIGTV専門チャンネルを開設
オープンエイト、AIでユーザーごとにキュレーション動画を生成する機能開発 動画広告自動生成も今後提供
トライバル、Instagramのストーリーズハイライトに特化した企画・動画制作を行う「タテスキ」提供
博報堂DYMPと博報堂DYデジタル、「動画クリエイティブプラナー」を提供開始 動画広告の最適化を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/20 14:00 https://markezine.jp/article/detail/30435

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング