MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ADK MS、日本IBMと「ALPHA BOX」として共同事業を開始 企業のCX向上・変革を推進

2019/03/01 12:00

 ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)と日本IBMは、企業のカスタマーエクスペリエンスの向上および変革を目的としたコンサルティングサービスを共同事業として開始した。

 ADK MSが持つ消費者洞察力、コミュニケーション・コンテンツ企画・実行力と、IBMが持つ先進テクノロジーの専門知識、デザイン思考やデータ・サイエンスを起点とするコンサルティング能力を融合させることにより、戦略策定から実行管理までのサービスを一貫して提供する体制が整う。

 両社は今後「ALPHA BOX(アルファボックス)」として活動し、1)カスタマーセントリック事業戦略策定、2)エクスペリエンス変革ソリューションデザイン、3)データドリブン・エクスペリエンスマネジメントの3つの領域を中心にサービスを提供していく。具体的な取り組みは、それぞれ下記の通り。

1)カスタマーセントリック事業戦略策定:
カスタマーエクスペリエンスを中心に据えた製品・サービス、カスタマージャーニーとビジネスモデルを構想し、企業と顧客の関わり方の再定義を行う。また戦略を実行するためのカスタマー理解、人材・組織、オペレーション、データ、ブランドの各成熟度を診断、変革に向けた施策を立案する。

2)エクスペリエンス変革ソリューションデザイン:
カスタマーエクスペリエンス起点で構想した戦略を具現化するため、先進テクノロジーを活用したアプリケーションやインフラストラクチャー、そして生活者インサイトに基づいたコミュニケーションを設計する。また戦略実行による効果を検証するためのKPI体系、データ収集と分析のフレームワークを整備する。

3)データドリブン・エクスペリエンスマネジメント:
リアルとデジタルの接点横断で、顧客データを収集・分析し、施策のROIを最大化する。RPA/AIのテクノロジーを活用することで実行管理にかける人手を最小化し、カスタマーエクスペリエンスの最適化に向けた運用を、顧客企業と一体となり高速度かつ継続的に支援する。

【関連記事】
ADK、モメンタムの不正広告ブラックリストを導入 アドフラウド・ブランドセーフティ対策を強化
ADK、日本IBMと協業に向けた基本合意を締結/企業のカスタマーエクスペリエンス向上を包括的に支援
ADK、ジェイアール東日本企画、東急エージェンシーが「データマーケ領域」でパートナーシップ締結へ
ADK、マイクロアドチャイナと合弁会社設立で合意/海外市場のデジタル広告配信体制を強化
ADK、新規事業開発支援プロジェクト「SCHEMA」を始動 技術×コミュニケーションでサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5