SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCI、「コミュニケーション エクスプローラー」のサービス強化 2007年からのツイートを分析可能に

 サイバー・コミュニケーションズは、SNS上の発言を収集・集計するソーシャルリスニングツール「コミュニケーション エクスプローラー」において、サービス内容を強化した。

 同ツールは、SNS上に投稿されたビッグデータから、投稿者の商品やサービス、ブランドに対する気持ちを理解し、マーケティング施策に活用できる。

新たに実装されたUIのイメージ
UIのイメージ

 今回のサービス強化では、データの俯瞰や比較が可能なUIを実装。変化の大きいポイントを発見し、深堀して調査できるため、調査時間の短縮につながる。

 また、分析対象メディアも強化された。Twitterに関しては、2007年からの投稿の全量データを提供。さらに、Instagramやブログ、レビューサイトといった約80のメディアが分析対象に追加されたことで、施策に応じて分析するメディアを選択できるようになった。

2009年2月と2019年2月における「新卒、新入社員」の投稿数(タップして拡大)
2009年2月と2019年2月における「新卒、新入社員」の投稿数(タップして拡大)

 なお、同社は、サービス強化後のTwitterデータ分析例として「新卒、新入社員」の投稿における、2009年2月と2019年2月の分析結果を発表。投稿数は、2009年の577に対し、2019年は281,658と、約500倍に増加した。

感情分析(タップして拡大)
感情分析(タップして拡大)

 次に、2009年と2019年の感情データを比較した感情分析を行ったところ、肯定の投稿は、2009年の22%に対し、2019年は31%と約9%上昇。一方、否定の投稿は、2009年の47%に対し、2019は39%と8%減少したことがわかった。

感情データの細分化

感情データの細分化

 加えて、それぞれの感情データを3種類に細分化すると、2019年の投稿において最も多かったのは、中立に分類される「質問」であることが明らかになった。

【関連記事】
CCI、アプリメディア向けオーディエンスデータ活用支援を強化 『LOCARI』の広告商品開発を支援
VRコンテンツ内に動画広告を配信!CCIとナーブ、広告プラットフォーム「VRトラベルAd」を販売開始
CCI、Quark tokyoとパートナーシップを構築 若年層マーケティングのソリューションを強化
電通とCCI、OOH広告の「自動的な広告売買・配信」実験を開始 OOH広告ビジネスのデジタル化を推進
CCI、米国の大手リサーチ会社eMarketerと業務提携 日本向けメールマガジンの独占配信を開始へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/13 17:30 https://markezine.jp/article/detail/30607

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング