SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』データで読み解く

キャッシュレス決済の浸透をリアルタイムに追う

 ここ数年、スマホ決済サービスが盛り上がりを見せている。特に、2018年12月4日よりPayPayが始めた「100億円あげちゃうキャンペーン」は大きな話題となった。このキャンペーンをきっかけに、スマホ決済サービスを含むキャッシュレス決済サービスに関心を持った生活者も多いのではないだろうか。そこで、キャッシュレス決済サービスの生活者への浸透度合いを年末年始にかけてトラッキングするため、「リアルタイム調査※1」というスキームを用いて調査を行った。調査は2018年12月初旬から1ヵ月にわたり、2〜3日に1度の頻度で全15回実施し、各サービスの浸透度を時系列で確認した。

※本記事は、2019年3月25日刊行の定期誌『MarkeZine』39号に掲載したものです。

サービスごとの認知率推移

 まず、主要なキャッシュレス決済サービスの認知率の推移を時系列で確認する(図表1)。

図表1 キャッシュレス決済サービスの認知率推移ベース:全体(1回の調査あたり416名)/複数回答
図表1 キャッシュレス決済サービスの認知率推移
ベース:全体(1回の調査あたり416名)/複数回答

 調査を始めた12月初旬、PayPayの認知率は3割半ばであったが、その後順調に上昇して19日には7割弱とピークを迎え、以降同等のスコアで推移した。一方、サービスとしては先行していたLINE Payについては12月初旬から6割前後で推移している。その他の主要なサービス群と比較しても、PayPayの順調な立ち上がり具合が見て取れ、12月4日に開始したキャンペーンの効果の大きさがうかがえる。

 本調査を実施する前の仮説として、大型キャンペーンによるPayPayの勢いがキャッシュレス決済サービス全体としての盛り上がりへと波及し、他サービスも連動してスコアが上昇する可能性があるとみていた。しかし、調査期間中にPayPay以外のサービスの認知率が大きく上昇することはなかった。テレビCMやキャンペーンを通してPayPayを知ることがあっても、競合サービスも同時に認知されるということはあまり起こらなかったといえよう。

※1 マクロミルで提供しているブランド調査ソリューションサービス。ブランディング指標(認知度、好意度等)の意識調査データを、高頻度で計測し、調査結果をダッシュボード上でリアルタイムに確認できる。

▼調査レポート
『キャッシュレス決済の浸透をリアルタイムに追う!2018年12月から1カ月をトラッキング』(HoNote)
この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
PayPayの認知経路と特徴

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』データで読み解く連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

マクロミル(マクロミル)

高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティングリサーチのリーディングカンパニー。生活者のインサイト把握やデジタルマーケティング施策の広告効果測定など、マーケティング課題解決に向け最適なソリューションを提供。世界21カ国、50の拠点を展開し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指す...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング