SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AI活用の商品提案や遠隔接客の効果を検証!NTTデータ、三井不動産とデジタルストアの実証実験を開始

 NTTデータは、三井不動産の協力のもと、デジタルデバイスやAI技術を活用して消費者に商品を提案・訴求・販売するデジタルストアの実証実験を2019年3月8日より開始した。

実証実験イメージ
実証実験イメージ

 同実証実験では、三井不動産が開発・運営を手掛ける「三井ショッピングパークららぽーと海老名」の一角に、販売員が常駐することなくインタラクティブサイネージで接客を行えるデジタルストアを設営。ストア内では、デジタルサイネージ前に取り付けたカメラからAIが消費者の性別および年齢層を推定し、1人1人に応じた商品提案を行う。これによって、消費者の購買行動が変化するかを検証する(今回の実証実験は女性客のみを対象としている)。

 また3月20日からは、AIによってオペレーターの動きと連動させたアバターを介して接客を行う。これによって、販売員が遠隔地から店舗への呼び込みや店舗内の消費者に対して接客を行うことが可能かといった、遠隔接客の有用性についても検証する。

 その他同実証実験では、店舗内QRコードを起点としたECサイトへの誘導が決済手段として有効であるかの検証や、来場フロアに設置されたデジタルカメラによる商品・サイネージ・デジタルコンテンツ接触の度合いに関する分析も行う。

 NTTデータは今後、同実証実験の成果をもとに、同社の決済ソリューション「CAFIS(キャフィス)」との連携など、さらなる機能拡充を行う考えだ。これによって、販売活動だけではなく、ECやマーケティング、決済を掛け合わせたデジタルストアソリューションの構築を目指す。

【実証実験概要】
実施期間:2019年3月8~31日(遠隔接客に関する実験は2019年3月20~31日で実施)
実施場所:三井ショッピングパークららぽーと海老名 4F EBICEN flatto
協力企業:株式会社アイリッジ、株式会社DGマーケティングデザイン、株式会社フォーデジット、ピーディーシー株式会社、株式会社UsideU(ユー・サイド・ユー)

【関連記事】
流通・小売り業界の課題をデジタルサイネージで解決!大日本印刷と米Krogerが共同研究を開始
カチコとimpactTVが提携!店舗ごとに最適化された動画広告をデジタルサイネージで配信可能に
性別・年齢に応じた店頭CMの自動出し分けが可能に!impactTVのデジタルサイネージに新機能が追加
視聴率に基づきデジタルサイネージのクリエイティブを改善!Kaizen Platformがフェズと開始
impactTV、NTT東日本らと「デジタルサイネージ×ロボット」のマーケ活用を目指し共同研究を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/18 12:30 https://markezine.jp/article/detail/30646

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング