SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイカとSpark Neuro Japanが業務提携 統計解析と生体信号解析で動画広告の最適化を支援

 サイカとSpark Neuro Japan(以下、SNJ)は業務提携を締結した。

 SNJは、脳科学テクノロジーを有するマーケティング企業。視聴者の注目度と感情の動きを脳波の計測によってデータ化し、動画クリエイティブの最適化を支援するサービスを提供している。

「Neuro Journey」の利用例
「Neuro Journey」の利用例

 今回の提携にともない、両社は、動画広告の最適化を支援するサービスパッケージ「Neuro Journey」をリリース。統計解析による「広告の費用対効果の評価」と、脳波などの生体信号の解析を活かした「広告映像の調査および改善点の特定」を通じて、オンライン・オフラインを横断した広告効果の評価から、クリエイティブの改善までを、定量的な分析・調査に基づいて一気通貫で支援する。

 具体的には、まず、サイカの広告効果分析ツール「マゼラン」によって、テレビCMや動画広告といった施策の効果を可視化。特定の広告施策の効果が下がった要因が、広告訴求内容にあると推測された場合、SNJのサービスによって、広告接触者の属性とクリエイティブがマッチしているかなどを調査し、改善を支援していく。

 さらに、クリエイティブ改善後に広告効果測定を行い、最適化の効果を検証することも可能だ。

【関連記事】
ロクシタン、サイカの広告効果分析ツール「マゼラン」を導入 ブランディングなどに寄与した要因を分析
三井住友カード、サイカが提供するマーケティングツール「マゼラン」を導入 マス広告含む施策の最適化へ
サイカとインテージが業務提携 オフライン広告の効果測定における分析ソリューションを開発・提供
サイカ、プロモーション分析ツール「XICA magellan」を正式リリース
シャノン、MAのデータからコンテンツ評価するサービス提供~統計分析技術はサイカのエンジンをベースに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング