SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、フリマアプリ「ラクマ」の利用実態を公開/男女比や取引回数が多い県ランキングなどが明らかに

 楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、旧「ラクマ」と「フリル」が統合し、新「ラクマ」としてサービスを開始してから1年が経過したことを受け、統合前との比較を行い、変化した「ラクマ」の利用実態を公開した。

新規登録者数の男女比が逆転/男性が5割を上回る

 2019年2月単月の新規登録者数の男性比率は、統合前の40.7%から9.7ポイント増加し50.4%となり、女性比率を上回る結果となった。

人気ブランドランキングにも変化

 「ラクマ」で取り引きされているアイテムのブランドを調査したところ、統合前は1位が「CHANEL」、2位が「UNIQLO」、3位が「Apple」だったが、統合後は1位が「LOUIS VUITTON」、2位が「NIKE」、3位が「CHANEL」という結果に。

 上位20ブランドでは、エンタメ/その他ブランドが統合前は3ブランドだったのに対し、統合後は7ブランドになり、ファッション以外のカテゴリーが大幅に増加したことがわかる。また、上位10ブランドでは、メンズブランドが統合前は2ブランドだったが、統合後は4ブランドに増加。これは、前述したように男性ユーザーの増加が要因であると考えられる。

メンズ、スマホ・家電カテゴリーのシェアが増加

 統合前後のカテゴリー別取引額のシェアを比較したところ、メンズカテゴリーのシェアは統合後に5.1ポイント増加。また、スマホ・家電カテゴリーのシェアも統合後に2.4ポイント増加した。

 統合前はレディースカテゴリーのシェアが3割を超えていたが、統合後は様々なカテゴリーでシェアが拡大し、偏りがなく幅広いカテゴリーで取引が行われるようになった。

平均取引回数は岐阜県が1位、平均販売単価は富山県が1位に

 ラクマユーザーの取引実績を基に、都道府県別の一人当たりの平均取引回数を調査したところ、1位が岐阜県、2位が京都府、3位が和歌山県という結果に。このランキングでは、大都市近郊の都道府県が10位以内に多くランクインした。

 また、販売単価では、1位が富山県、2位が東京都、3位が宮崎県に。このランキングの10位以内では、大都市に加えて地方都市が多くランクインした。

【関連記事】
楽天のフリマアプリ、出品時に商品画像からカテゴリーを推奨する新機能「もしコレ!」の提供を開始
楽天、フリマアプリ「ラクマ」リリースへ~若年層の取り込みを図る
20代の半数は中古品に抵抗なし?「フリマアプリ」に関する意識調査【メルカリ調べ】
メルカリ、法人向けにライブ配信機能を開放 ネスレ日本など11社が参画
本・CD・DVD/ブルーレイに特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」がリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/03 16:15 https://markezine.jp/article/detail/30762

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング