SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オープンエイトのAI自動動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」に新機能 編集時間を大幅に削減

 オープンエイトは、同社が提供するAI自動動画編集クラウド「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」の機能アップデートを発表した。

 「VIDEO BRAIN」は、AIが動画編集をサポートしてくれるAI自動動画編集クラウド。専門知識がなくても、誰でも簡単に動画編集できることが特徴だ。写真やテキストなどの素材を入稿すると、AIが入稿データを分析し、ストーリー性のある動画を自動で生成。動画の尺やサイズ、文言などを微調整するだけで、簡単に動画が編集できる。

 今回のアップデートでは、編集した動画をリアルタイムにプレビューできる「リアルタイムプレビュー機能」を追加。従来のバーションに比べて約半分の時間で動画編集ができるようになり、動画編集の効率が大幅に向上する。また、テキスト情報や静止画、動画を入稿するとAIが一括で要約と編集を行い、動画を提案する機能も追加。さらに、フォントの種類やサイズの変更および、テロップ位置をカスタマイズすることが可能になった。

 オープンエイトは今後、数千万点の素材提供サービスをはじめ、多変量解析による複数動画生成、音声自動テロップ化の新機能も順次提供する予定だ。

【関連記事】
AIが5タイプの動画クリエイティブを生成!オープンエイト、「VIDEO BRAIN」に新機能を追加へ
オープンエイト、おでかけ動画マガジン「ルトロン」のIGTV専門チャンネルを開設
素材を入稿するだけでAIが動画を制作!オープンエイト、「VIDEO BRAIN」の提供を開始
オープンエイト、AIでユーザーごとにキュレーション動画を生成する機能開発 動画広告自動生成も今後提供
有料ネット動画サービスは全年代で利用が拡大/動画広告の「許容度が高い」メディアは?【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/16 16:45 https://markezine.jp/article/detail/30858

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング