SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

EventHub、セールスフォースから資金調達&協業を発表 リード情報をSFAに自動で記録可能に

 EventHubは、セールスフォース・ドットコムの投資部門であるSalesforce Venturesを引受先とする第三者割当増資を実施し、シードラウンドの調達を完了。あわせて、セールスフォース・ドットコムとの協業を発表した。

 同社は、イベントマーケティングサービス「EventHub」を通じて、イベントの開催や出展におけるリード・商談獲得を支援している。2018年から、出展企業や来場者のビジネスマッチングが可能なイベントマッチング・Webアプリを提供してきた。

 今回の調達を受けて、同社は、既存のマッチング機能に加え、ビジネスのシーズ・ニーズのレコメンド機能やイベント登壇者に対するQ&A、ポーリング機能などを実装していく。

協業のイメージ
協業のイメージ

 また、「Salesforce」上の取り引きデータを基に、イベントのビジネス機会を創出するためのデータ連携を実施予定。具体的には、イベント参加企業がイベント内で獲得したリードや実施した商談の情報を自動的にSFAに記録する仕組みや、自社の取り引きデータベースを参照し、既存の取引先や親和性が高い企業がイベント会場にいる際に、両社を結びつける仕組みを提供していく。

【関連記事】
PeatixとEventHub、短期間・低コストで高いダウンロード率のイベント専用アプリを提供
セールスフォース・タワーが東京に開設へ DX支援強化のため5年間で2000人を増員
セールスフォース・ドットコム、「Datorama」のマーケティングアナリティクス機能を強化
セールスフォース、ビジネス購入者向けコマースプラットフォーム「B2B Commerce」を提供開始
セールスフォースの「Service Cloud Einstein」に新機能 カスタマーサービスを改善

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/15 16:00 https://markezine.jp/article/detail/30861

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング