MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Twitter×漫画で若年層へのアプローチを強化 「サランラップ」のTwitter活用が成功した理由

2019/06/11 11:00

 1960年の発売から、来年60年の節目を迎える旭化成ホームプロダクツの「サランラップ」。若年層へのアプローチを課題としていた同ブランドは、デジタル施策への取り組みを強化している。リニューアル認知拡大を目的に行われた「#サランラップ漫画劇場 キャンペーン」では、ブランドとして初のTwitterキャンペーンであったものの、2万を超えるフォロワーとインプレッション数1億2,000万を獲得する結果を収めた。企画の経緯とTwitter活用を成功させるためのポイントを、ブランド担当者に聞いた。

目次

ブランド課題解決に向けてTwitter活用を開始

 食品保存やレンジ加熱・調理時に大活躍の食品包装用ラップフィルム。旭化成ホームプロダクツが手がける「サランラップ」は、その名が代名詞として使われることも多く、高い市場シェアを誇るロングセラーブランドだ。

サランラップ

 長年トップシェアを走ってきた「サランラップ」だが、一方で堅実で固いイメージが付き、若年層へのアプローチ、とりわけ若年女性のブランドイメージ向上が課題となっていた。課題改善を図るため、テレビCMを中心としたコミュニケーションを継続しながらも、デジタル施策の取り組みを強化している。2016年頃からWeb動画の制作やYouTube広告の配信、LINEの活用などを行ってきた。

 そして次に着目したのが、それまで手を着けられていなかったTwitterの活用だった。その理由について、広告宣伝担当の児嶋和生氏は次のように話した。

旭化成ホームプロダクツ株式会社 マーケティング部 第一グループ 課長代理 児嶋 和生氏

 「若年層へのアプローチはもちろんですが、『サランラップ』を活用するシーンを広げていきたいという想いもありました。その際、企業側から一方的に伝えるのではなく、利用者自身が生成してくれるUGCがどんどん出てくるような場での施策の展開が合っていると思い、中でもTwitterが最適だと考えました」(児嶋氏)

商品リニューアルの認知を拡大

 2018年3月に、商品のリニューアルが実施された「サランラップ」。リニューアル最大のポイントは、発売からずっと直線型だった刃を“M字型”に改良したことだ。ブランドにとってこれは非常に大きなニュースだった。

 「『切りやすさ』は、お客様がラップを買う時に重視されるポイント。同時に商品開発担当にとって、さらなる切りやすさへの追求は取り組むべき重要課題でした」とリニューアルについて語るのは、商品開発をはじめ商品企画を担当する片山洋希氏。

旭化成ホームプロダクツ株式会社 マーケティング部 第一グループ 片山 洋希氏

 片山氏によれば、M字型の刃に変更することで、刃が当たる3点に力が集中するようになり、従来品と比べ4割ほどの軽い力でフィルムが切れるようになったという。

 そして、このリニューアルの若年層への認知拡大を図り企画されたのが、「#サランラップ漫画劇場 キャンペーン」だ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5