MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DAC、DMP「AudienceOne」の新機能を公開 生活者がデータの修正や利用停止を選択可能に

2019/04/22 15:00

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、同社のDMP「AudienceOne」において、プライバシーダッシュボード機能「AudienceOne広告設定」を公開した。

 同機能により、生活者は「AudienceOne」に蓄積されているWeb閲覧履歴などから推測された自身の属性や興味・関心などのデータを確認し、希望する内容への修正やマーケティングへの利用可否の選択が可能に。生活者が許容するデータのみでターゲティング広告やコンテンツ最適化が行われるようになるため、データ利用に対する不透明感やプライバシーに関する不安が払拭される。

 また、「AudienceOne」を利用する企業から提供されるコンテンツや広告と自身の興味・関心との関連性が高まる可能性もある。

 一方、企業にとっては「AudienceOne」から提供される生活者データの正確性が向上する利点がある。さらに、当該データの利用を許容する生活者だけにリーチすることができるため、広告の効果や効率が改善される。

 同機能は現在、同社の公式サイトにある「AudienceOneにおけるデータ利用について」からアクセスできる。今後は「AudienceOne」を利用する広告主や媒体社のプライバシーポリシーページからも、閲覧可能になる予定だ。

【関連記事】
レシートデータを基に広告配信!DACの「AudienceOne」とDNPの「レシーピ!」が連携開始
DAC、ブログウォッチャーと広告配信サービスを開始 スマートデバイスアプリの位置情報データを活用
DACとGIFMAGAZINEが資本提携 GIFを活用したコミュニケーションの促進へ
博報堂DYMP、DACらと新広告配信メニュー「AtmaアクチュアルTV視聴ターゲティング」を提供開始
DACの「DialogOne」がリアル行動データプラットフォームと連携/ビーコン活用施策を可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5