MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マーケティングデータ収集・格納作業を自動化するETLツール「HARBEST」がリリース

2019/07/03 12:20

 EVERRISEは、マーケティングデータを収集・出力するETL(Extract Transform Load)ツール「HARBEST(ハーベスト)」をリリースした。

 HARBESTは広告運用などのマーケティング施策において、複数のチャネル・プラットフォームを利用する際のデータ収集の手間やコストを軽減するツール。リスティング広告やSNS広告、アクセス解析など、連携済みのマーケティングプラットフォームから主にAPI連携によってデータ収集を自動で行い、希望の場所への出力を可能にする。

主な機能
主な機能

 データ収集先となるプラットフォームは、Google Ads(YouTube対応)、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク・スポンサードサーチ、Twitter、Facebook(Instagram対応)、Google Analytics、Criteoなどとなっている。

 利用イメージとしては、事業会社が自社データ分析のために用いるケースと、マーケティングサービスを提供する企業がサービス内のデータ収集エンジンとして利用するケースが想定されている。

 料金は基本料金が10万円で、アカウント数に応じた費用が加算される。今後は「HARBEST」からデータを取り込みマーケターの日常タスクを手助けするダッシュボード「pacy(パシー)」の開発も進めるという。

【関連記事】
EVERRISEのCDP「INTEGRAL-CORE」がLPOツール「DLPO」と接続を開始
EVERRISE、レポートツールに新プランを追加 配信データの活用容易に
ADmiral、CDPのINTEGRAL-COREと接続 1st・3rdパーティデータで広告価値向上
ヒートマップツール「USERDIVE」と「KARTE」が連携 データ分析~サイト改善をワンストップ化
Reproがセプテーニのアプリデータソリューションツールと連携 行動データの活用で広告効果を改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5