SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYグループ、LINEを活用したキャンペーンソリューションを提供 応募者の獲得シール数を順位化

 博報堂DYグループ横断のプロジェクトチーム「SP EXPERT’S」は、LINEから認定パートナー向けに提供されるAPIを活用した店頭販促ソリューション「ランキングマイレージ」を開発し、広告主向けに提供を開始した。

「ランキングマイレージ」の活用例
「ランキングマイレージ」の活用例

 同ソリューションは、店頭で購入した対象商品からQRコードを読み取り、LINE上でキャンペーンに応募できるプラットフォーム。応募者は、商品購入によるシールをLINE上で蓄積することができる。獲得したシールの数は応募者の中でランキング化される。また順位は毎日更新されるため、応募者は自身がランキング圏内にいるかどうかをタイムリーに把握できる。

 広告主は、応募者の継続的な購買行動が期待できるほか、キャンペーン期間中に応募者へLINEでメッセージを配信し、購買を促進することも可能だ。

【関連記事】
増税前後で消費者の意識・行動はどう変わる?博報堂消費税対策研究プロジェクトが調査結果を発表
博報堂DYMP等、デジタル広告とデジタルアウトドア広告のクロススクリーン配信ソリューションを提供へ
ネットの情報と適度な距離感を保つ生活者が増加/博報堂DMYPが「メディア定点調査2019」を発表
博報堂DYMPとスターティアラボ、「AR広告」を提供開始 アプリをかざすとスマホ上にコンテンツが表示
博報堂、中国の総合広告会社GIMCと戦略的パートナー協議書を締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/18 15:00 https://markezine.jp/article/detail/31342

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング