SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スイッチスマイル、ビーコンを活用した広告配信メニューを提供 ナビタイムの訪日外国人向けアプリと連携

 スイッチスマイルは、ナビタイムジャパン(以下、ナビタイム)の訪日外国人向けアプリと連携した位置情報連動型の広告配信メニュー「pinable_ad for inbound」の提供を開始した。

「pinable_ad for inbound」のイメージ図
「pinable_ad for inbound」のイメージ図

 同メニューには、スイッチスマイルが提供するBeaconを利用した位置情報プラットフォーム「pinable(ピナブル)」が活用されている。同プラットフォームはビーコンを利用し、「誰が、いつ、どこで、なにを」がわかるデータをロケーションDMPとして蓄積している。これにより広告主は、消費者の行動情報に基づき、場所やタイミングを考慮して広告を配信することが可能だ。

 また同メニューは、ナビタイムが提供する訪日外国人向けナビゲーションアプリ「Japan Travel by NAVITIME」と連携。訪日外国人がスイッチスマイルのBeaconが設置されている空港や観光地、商業施設などに訪問した際に、通信サービスや交通サービス、飲食情報といった広告を配信できる。

 なおスイッチスマイルは、店舗やアライアンス企業との提携を通じて、2019年度中に100,000個のBeacon設置を目指している。

【関連記事】
スイッチスマイル、Beaconを活用したマーケティングツールの提供を開始 来店後のリタゲなどが可能に
スイッチスマイル、ビーコンを活用した「ロケーション連動型広告」でスマホアプリの広告マネタイズを支援
スイッチスマイル、クレストと協業を開始 ビーコンを活用したリテールテック事業を推進
スイッチスマイル、ビーコンを活用した位置情報ソリューション「pinable Ver 3.0」を公開
スイッチスマイル、ビーコン情報を活用した「位置情報連動型リターゲティング広告」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/03 17:30 https://markezine.jp/article/detail/31474

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング