SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CAのAI Lab、大阪大学、立命館大学の三者がロボットによる接客・広告の実証実験を実施へ

 サイバーエージェントの研究開発組織「AI Lab」は、大阪市が開催するIoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」において、大阪大学大学院基礎工学研究科と立命館大学情報理工学部ヒューマンロボティクス研究室との三者共同研究グループによる接客ロボットの実証実験を実施する。

実証実験のイメージ
実証実験のイメージ

 同実験は7月16日から8月4日にかけて、大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(以下、ATC)」において行われる。

 同実験では、ロボットが通行人に対して、サイバーエージェントのノベルティグッズの推薦やATC内の店舗「めんたいパーク大阪ATC」への誘導を行う。共同研究グループは、これらの動作を通じて「通行人をロボットの前に立ち止まらせる動作生成」と「通行人をロボットの前で滞留させる動作生成」を検証する。

 なお、同実験にはヴイストンが提供する卓上型のコミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」が使用される。

 共同研究グループでは同実験を通して得た結果を基に、ロボットによる接客・広告技術の研究を進め、実用化に向けて取り組んでいく。

【関連記事】
CAのAI Lab、関西学院大学の角谷教授と共同研究を開始 開発技術は広告配信プロダクトへ導入予定
CA、クリエイティブ子会社「株式会社6秒企画」を設立 短尺に特化したオンライン動画広告を制作
CA、O2O広告の市場規模を調査/2019年は405億円、2024年には2,586億円に到達見込み
シーエービーコンズ、CA Retail Marketingへ社名変更&デジタル販促全般へ事業拡大
CAのアドテクスタジオ、動画広告のインプレッション計測において「アドフラウド対策」を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/05 14:00 https://markezine.jp/article/detail/31483

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング