SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KARTE、IoTデバイスを使い「リアル店舗の行動情報」取得に成功 オン・オフ跨いだ体験設計を可能に

 CXプラットフォーム「KARTE」を提供するプレイドは、NRIデジタルと共同でリアル店舗を模した空間に設置したカメラやボタン型IoTブロック、3D-LiDARといったIoTデバイスを使った実証実験を実施。取得した顧客の行動情報をKARTEと連携させ、オンラインとオフラインを跨いだリアルタイムな行動情報の取得に成功した。

 今回の実証実験では、店頭を模した空間に設置したカメラやボタン型IoTブロック、3D-LiDARといったIoTデバイスから得られる様々なデータを統合し、来訪者が店舗でどういった商品を見たか、手に取ったか、またその人がどんな属性の方で商品へどんな感想を持ったかという情報をKARTEに連携、オンラインとオフラインとを横断したデータ連携・分析を検証した。

KARTEの管理画面イメージ
KARTEの管理画面イメージ

 進行中の開発として今後、クーポン配信などのオンライン施策がリアル店舗への送客に寄与したか、といったオンラインとオフラインをまたいだ効果測定を、KARTE単独で計測できるようになるという。また、オンラインでの閲覧内容に基づいてリアル店舗のサイネージを顧客ごとに出し分ける、店舗内での回遊状況に応じてスマホのアプリに情報を配信する、といったリアル店舗におけるデジタル体験の提供がKARTEを通じて可能になる。

 両社は今後、実際の店舗・商業施設での実用化に向け、更なる実証実験や対応するデバイスの拡充を図り、リアル空間におけるCXのためのプラットフォームの開発を進めていく。

【関連記事】
KARTEがLookerと連携を開始 リアルタイムユーザーデータ共有のための環境構築が簡単に
トランスコスモスが「KARTE」導入支援の戦略パートナーに 運用エキスパート育成&専門チーム立ち上げ
ヒートマップツール「USERDIVE」と「KARTE」が連携 データ分析~サイト改善をワンストップ化
事業者向けネット通販の「モノタロウ」が「KARTE」を導入 来訪ユーザーに向けたパーソナライズを推進
KARTEに「レコメンド機能」が追加 散在するデータを「人軸」で統合・精度の高いパーソナライズを実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング