SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三井住友カードの統合マーケティングの体制、取り組みが明らかに【MarkeZine Dayニュース】

 9月12日(木)・13日(金)の2日間、「MarkeZine Day 2019 Autumn」がホテル椿山荘東京にて開催される。9月12日の14時25分から行われるセッション「キャッシュレスの浸透に向け、三井住友カードが実現する統合マーケティングの体制と取り組み」には、三井住友カードの原 央介氏が登壇。

 同セッションでは、三井住友カードが統合マーケティングを実現するために行った社内改革について紹介。これまで獲得を目的としたデジタル中心の施策に偏っていたところから、どのように顧客に最適化したアプローチへと移り変えていったのかが明らかになる。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2019 Autumn
登壇セッション:キャッシュレスの浸透に向け、三井住友カードが実現する統合マーケティングの体制と取り組み
日時:2019年9月12日(木) 14:25~15:10
会場:ホテル椿山荘東京
〒112-8680 東京都文京区関口2-10-8 ホテル棟1F ボールルーム
参加費:無料(事前登録制)

 原氏は登壇の意気込みについて、以下のように語っている。

 「まもなく到来するキャッシュレス社会に向け、我々が伝えなければならないキャッシュレスの本質的な価値。これを消費者に届けるには、お客様とのあらゆる接点での一貫したメッセージが重要と考えています。昨年から取り組んだ、組織横断のプロジェクトチームの運営と最新の取り組みについてお話しし、少しでも気づきや発見のあるセッションにしたいと思います」

 統合マーケティングを実現するために必要なことが詰まった本セッション、ぜひ聞いてみてはいかがだろうか。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング