SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ベクトル、iClick Interactive Asia Groupと訪日インバウンド等において提携

 ベクトルは、中国のデジタルマーケティング会社iClick Interactive Asia Group(以下、iClick)と戦略的パートナーシップとなる業務提携契約を締結した。

 今回の提携を通じて両社は、訪日インバウンド、中国越境ECおよびスマートリテール分野などでデジタルソリューションを提供する。具体的には、約11億のユーザーを有する中国のSNS「微信(WeChat)」において、「ミニプログラム」と呼ばれるダウンロードせずに利用可能なアプリケーションの開発に注力していく。

iClick Interactive Asia Group のバリューチェーン
iClick Interactive Asia Group のバリューチェーン

 iClickは中国においてオンラインマーケティング技術プラットフォームを提供しており、約8.3億人のネットユーザーの個人情報を匿名データとして保有している。これにより、適切なオーディエンスを特定し、デバイスに適切なタイミングで広告を表示することが可能。また、人工知能を組み込んだプラットフォームを活用し、消費者行動に関する予測に必要な知識を学習、構築、蓄積することもできる。これらを日本におけるマーケティングソリューションに活用していく。

 一方ベクトルは、日本市場におけるサービスの参入戦略や顧客との関係構築、マーケティングコンテンツ制作などを管理する役割を担う。今後は日本各地のレストランや商業施設、小売店舗、交通機関、自治体といった領域においてサービスを提供し、訪日インバウンドビジネスに貢献していく。

【関連記事】
ベクトルのタクシーサイネージサービス、「乗客向けサンプリング」など新広告メニューを発表
みんなのタクシーとベクトル、タクシー後部座席での動画広告サービス開始 ビジネス層向けコンテンツも配信
ソニーネットワークコミュニケーションズとベクトル、AIを活用したマーケサービスの新会社を設立へ
ベクトルが「TikTok」の新広告パートナーに/日本市場に合った広告販売を支援
ソウルドアウト、ベクトルと包括的業務提携 地方拠点におけるPR領域のサービス展開が目的

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/09/03 17:00 https://markezine.jp/article/detail/31926

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング