SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

建設マッチングアプリ「助太刀」がアプリ上で加入できる「一人親方労災保険」の取り扱いを開始

  一般社団法人助太刀組合(以下、助太刀組合)および助太刀は、建設業界に従事する一人親方を対象とした労働災害補償保険(以下、一人親方労災保険)の取り扱いを開始した。

 助太刀は、建設現場と職人のマッチングアプリ「助太刀」を運営している。アプリ「助太刀」は建設業界に従事する受注者・発注者をつなぐサービスで、フィンテック事業の「助太刀Pay」を使えば、その日の工事代金を仕事が終わった時点で24時間365日受け取り申請ができ、即時受け取ることができる。さらに、その日の工事代金を即日チャージでき、利用できるVISAプリペイドカード「助太刀カード」を発行している。

 助太刀が一人親方労災保険の提供に至った背景として、建設業就業者492万人のうち、技能労働者は326万人にのぼるとされ、その多くは一人親方として働いているが、厚生労働省の調査によると、一人親方労災保険の加入者数は約50万人にとどまっていることがある。建設業界に従事する一人親方による作業中の死亡事故が毎年80件も発生しているが、そのうち約45%は一人親方労災保険に加入していなかった。

 そこで助太刀組合および助太刀では、一人親方が万が一の事故の際にも補償を受けられるよう、組合費500円の一人親方労災保険をスタートさせた。10月には、助太刀アプリで必要情報を入力するだけで加入できるサービスを提供予定だ。

 助太刀組合および助太刀では、建設業界に従事する一人親方の労災加入率100%を実現すべく、2025年を目処に助太刀組合経由での一人親方労災保険加入者数10万人を目指すという。

【関連記事】
トランスコスモス技術研究所、ShopifyとLINEの連携を可能にするアプリ「Kisuke」を提供
アプリ滞在時間、LINEとTwitterは毎月14時間前後、インスタは7時間弱【App Ape調査】
フォーシーズンズ アプリ、滞在プランをカスタムする機能を追加 コンシェルジュとのチャットも可能
Yahoo! JAPANアプリ、佐川急便の荷物のお届けを事前にお知らせ
東京海上日動火災保険がSalesforce Financial Services Cloudを導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング