MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AIプラットホームのIDEA、数値予測AI用因子として気候データセット提供 データ収集・加工が不要に

2019/09/24 11:40

 深層学習・機械学習をプログラミングのスキルなしで実行できるクラウドサービス「IDEA」を開発・提供するIntelligence Designは、IDEAを通じて気象庁が公開する全国で観測している気象データセットを提供し、数値予測AIが予測するための因子としてそのまま活用できるサービスを2019年10月より提供開始する。

 AI利用時において、店舗の売上、販売数、来店者数などを予測するには、気温・湿度・日照時間などの気象データが必要不可欠な因子となっている。本サービスでは、過去から現在の気象観測データや予報データをIDEA上から直接取得することを可能とする。データの収集・加工に専門的な知識が必要なく、従業員の工数をかけることなくAIの学習・予測に利用できるようになる。

 今後の展開としては、予測に必要なデータ粒度(1時間ごと、1分ごとなど)でのデータを取得できる機能をリリース予定。加えて、気象データセット以外の様々なオープンデータをIDEAから直接利用できるようサービスを拡充予定だという。

【関連記事】
フジテレビ、FODにてユーザーの地域データを活用し気象情報に応じた広告を配信
気象情報×Twitterでタイムリーな広告の出し分けを実現!電通デジタル、新システムの提供を開始
電通、日本気象協会の「気象データ」を活用したマーケティングソリューションの開発を開始
気象データ×AIで需要予測 エクサウィザーズと日本気象協会、新ソリューションの共同開発に着手
天気に合わせて広告を自動配信!電子チラシサービス「Shufoo!」に気象ターゲティング広告が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5