SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYホールディングス、安心・安全なデータ連携を推進する「Data EX Platform」設立

 博報堂DYホールディングスは、安心・安全に企業の顧客データと外部データを連携するソリューション提供に特化した「株式会社Data EX Platform(データ・イーエックス・プラットフォーム:以下、DEX)」を設立し、営業を開始した。

 博報堂DYホールディングスは2018年5月から「データ・エクスチェンジ・プラットフォーム設立準備室」を設立し、百数十社の企業からデータ連携・利活用の課題やニーズを確認し、十数社と実証実験を進めてきた。この活動を通じ、自社で保有する顧客データだけでは顧客像を十分には捉えきれておらず、外部の生活者データと連携して顧客に関する理解を深めたいというニーズが多いことが明らかになった。一方、外部データと連携するために適切な法制対応に則った手段が限られているため、実際には十分な活用が進んでいないという課題も浮かび上がった。

 そのため、安心・安全な外部データの連携ソリューションを企業に提供するプラットフォームとして、DEXの設立・営業に至った。

 DEXは個人データを非個人情報に加工した上で統合する技術「k-統計化&データフュージョン」や、個人情報を直接提供・共有するのではなく、機械学習によって統計的関係を学習したモデルを構築・活用することで、外部のデータから推定値を付与する技術「モデル転移型データフュージョン」などの特許技術をコアに、様々な企業との実証実験を進めてきた。

Data EX Platformの概念図
Data EX Platformの概念図

 博報堂DYグループ各社は今後も、安心・安全なデータの連携・利活用を支援し、企業におけるマーケティングの高度化、事業成長に貢献していく。

【関連記事】
CCCグループのTマガジン、小学館、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携
博報堂、新規事業創造支援のためアドライト、インターウォーズ、プロトスター、ミーミルと提携
「楽しさ」で勢いを増すEC、「選びやすさ」で支持されるリアル店舗【博報堂買物研究所調べ】
博報堂DYHDとMESON、MRグラスを用いたARコミュニケーションサービスの実証実験を開始
博報堂DYグループの「TV Cross Simulator」、ヤフーの主要な動画広告に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング