SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、マスメディアにも対応したインフルエンサーマーケ組織を発足

 博報堂DYメディアパートナーズとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、SNSに加え、マスメディアにおけるインフルエンサーマーケティングにも対応する専門チーム「インフルエンサーマーケティングEXPERT'S」を組成した。

  同チームではインフルエンサーの多様な嗜好性をデータベース化し、広告主企業のニーズとインフルエンサーの嗜好性をマッチングさせ、インフルエンサーが共感できる案件に限定することで、双方にとって相乗効果の高いインフルエンサーマーケティングを実施する。

 そのための仕組みとして、DACが米国NeoReachの日本進出の戦略パートナー権を取得。国内外のインフルエンサーによるこれまでの投稿から、インフルエンサーおよびそのフォロワーの属性・嗜好性などを広く把握できるプラットフォーム「NeoReach」を活用していく。

 また同チームは、マスメディアでのインフルエンサーマーケティングにも対応。SNSのインフルエンサーと同様に、ラジオ番組などのリーチを実数で可視化し、番組に付随する広告枠で関係性を明示した上で、その番組出演者がインフルエンサーとして企業の商品体験などを紹介する。これにより、男性やシニア層などに対するインフルエンサーマーケティングも可能になる。

企業とインフルエンサーのマッチング例
企業とインフルエンサーのマッチング例

 さらに、国内外のタレントやセレブリティを起用したインフルエンサーマーケティングも実施し、特定のコミュニティに強いマイクロインフルエンサーのみでは実現が難しかったマスリーチの獲得や、よりインパクトの高いインバウンド施策を支援していく。

【関連記事】
博報堂マーケティングシステムズ、行動経済学を活用したコミュニケーションシナリオ設計サービスを提供
博報堂DYホールディングス、安心・安全なデータ連携を推進する「Data EX Platform」設立
CCCグループのTマガジン、小学館、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携
DAC、複数店舗を運営する企業向けに「DialogOne for ストアマネジメント」を提供開始
DACの「DialogOne」、LINE公式アカウントへの“友だち追加”の流入経路計測機能を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/15 14:00 https://markezine.jp/article/detail/32379

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング