SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、「DataRobot」と「KARTE」の連携ソリューションを提供開始

 電通デジタルは、DataRobot Japan(以下、DataRobot)が提供する「DataRobot」とプレイドが提供する顧客体験プラットフォーム「KARTE」を連携させ、AIによる高精度なコンバージョン率の予測と最適なコンテンツの出し分けを実現するソリューションを開発し提供を開始した。

 「顧客体験」の向上のためには、あらゆる顧客接点におけるOne to Oneコミュニケーションが必要不可欠な一方で、興味・関心の異なる顧客に対し、精緻なコミュニケーションを実施するためには膨大な工数とリソースが必要となる。

 マーケティング担当者の運用負荷軽減と精度向上に対するニーズがあるなか、電通デジタルは「DataRobot」と「KARTE」の運用実績を活かし、AIによる高精度なコンバージョン率の予測と最適なコンテンツの出し分けを実現するソリューションを開発したという。

 具体的には、まず「KARTE」と連携するデータ統合プラットフォーム「KARTE Datahub」に蓄積された顧客の行動・属性データを、個人を特定しない形で電通デジタル独自の自動データ加工処理を施し「DataRobot」へ連携する。「DataRobot」が各顧客のコンバージョン率を予測し、予測データを「KARTE Datahub」経由で「KARTE」へ連携することで、予測コンバージョン率を基に各顧客への最適なコンテンツの出し分けが可能になる。

【関連記事】
電通デジタル、LINE公式アカウント向け顧客獲得・育成支援サービス「BOT BOOSTaR」を提供
電通デジタルと電通、「未来曼荼羅2019」を活用したコンサルティングサービスを提供開始
電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗を自動化する「AI試乗ソリューション」を提供
DeNAのタクシー配車アプリ「MOV」が「KARTE for App」を導入
トランスコスモス、「DataRobot」を使ったDM収益最大化サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/26 10:59 https://markezine.jp/article/detail/32404

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング