MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ニールセン デジタル、広告主企業と「デジタル広告におけるメディアデータ活用に関する研究会」を発足

2019/12/02 12:45

 ニールセン デジタルは、広告主企業と「デジタル広告におけるメディアデータ活用に関する研究会」を発足した。

 同研究会は、広告キャンペーンのプランニングの段階において、それぞれの施策に適したデジタルメディアを選定していくためのメディアデータの活用に焦点を当てる。参加企業はアサヒ飲料、味の素、キリンビール、KDDI、サッポロビール、サントリーコミュニケーションズ、ソニーマーケティング、ソフトバンク、日産自動車、パナソニックなど。

 同研究会ではマスメディアを積極的に活用してきた広告主企業と議論を進めることで、どのような指標がデジタルメディア選定に必要なのかについて、実現可能性も評価した上で優先順位付けする。なお研究成果は2020年3月にまとめられる予定だ。

【関連記事】
スマホでの動画視聴は5年間で4倍に/50~60代のスマホ利用率も急上昇【ニールセン デジタル調査】
ニールセン スポーツ、スポーツファンの行動と態度を可視化する新プラットフォームを提供
消費者のブランドロイヤルティが世界的に低下 ブランド選択に影響を及ぼす要因も発表【ニールセン調査】
アマゾン、メルカリ、ラクマの利用者数は昨年比で2桁成長/スマホのみの利用が増加【ニールセン調査】
ニールセンが日本にニューロサイエンス拠点を設立 生活者がどう意思決定しているかをもとにブランドへ助言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5