SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ココナラ、スキルマーケットアプリに「KARTE for App」を導入 ユーザー属性の細分化に活用

 ココナラは、同社が展開するスキルマーケット「ココナラ」のアプリに、プレイドの提供するネイティブアプリ向け・CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE for App」を導入した。

 「ココナラ」は、サービスカテゴリーが200種類に上る。カテゴリーごとにユーザー特性、単価、リピート率、購入率などがまったく異なり、それに応じたユーザーの適切な分類、施策の最適化とその効率的な運用に課題があった。

 今回導入した「KARTE for App」により、より細かくユーザー属性を分けることが可能になり、これまで以上に個々の顧客に合わせた施策を展開できるようになる。

 また同社は、同じくプレイドの提供する「KARTE Datahub」も活用。同社のデータベースから「KARTE Datahub」への連携を行うことで、メールやアプリなど各配信プラットフォームから施策実行までの過程の自動化を実現。運用にかかる工数の削減につなげている。

【関連記事】
電通デジタル、「DataRobot」と「KARTE」の連携ソリューションを提供開始
集英社、電子書籍アプリ「ジャンプBOOKストア!」において「KARTE for App」を導入
DeNAのタクシー配車アプリ「MOV」が「KARTE for App」を導入
プレイドとNRIデジタル、リアル店舗で取得した顧客情報を「KARTE」に連携させる実証実験に成功
KARTE、IoTデバイスを使い「リアル店舗の行動情報」取得に成功 オン・オフ跨いだ体験設計を可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/04 07:00 https://markezine.jp/article/detail/32514

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング