SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ANAHDと三越伊勢丹、アバター専用店舗「avatar‐in store」を期間限定オープン

 ANAホールディングス(以下、ANAHD)と三越伊勢丹は、アバター専用店舗「avatar-in store」を、12月5日から24日の期間限定で、日本橋の商業施設「コレド室町3」の3階にオープンした。

 同店舗では、ANAHDが開発した普及型コミュニケーションアバタ―「newme(ニューミー)」を操作することで、実際に店舗にいるような感覚でショッピングが可能。百貨店に行きたくても行けない人も、店員と会話をしながら買い物ができる。

 ANAHDは三井不動産と共同で、日本橋エリアにおけるアバタ―の都市実装共同事業を推進しており、2020年度中に、日本橋エリアに「newme」を100体投入することを目指している。

【関連記事】
三越伊勢丹ホールディングスがSalesforceを採用 おもてなし×デジタルによる百貨店モデルを推進
三越伊勢丹グループのエムアイカードがポイントでの疑似投資に対応 STOCK POINTと提携で
ヤフーと三越伊勢丹、ビッグデータとAIを活用した商品開発を実施 検索キーワード等からインサイトを把握
JR東日本とANA、MaaS領域で連携 検索・予約・決済などで協力しシームレスな移動体験を提供へ
ANA、LINE、ドコモなど5社、LINEで注文・決済した海産物をドローンで運搬する検証を実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/05 11:30 https://markezine.jp/article/detail/32539

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング