SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ALSOK、営業員を中心とした約2,500名に「LINE WORKS」を導入

 ビジネス版LINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパンは綜合警備保障(以下、ALSOK)が営業員を中心とした約2,500名に「LINE WORKS」を導入したことを明らかにした。

 これまでALSOKでは、本社から各支社の営業員への情報共有は社内ポータルサイトを通じて行われていた。しかし、社内ポータルサイト上には各部門に必要な情報が網羅的に掲載されており、営業員にとって重要な情報が見つけにくいという課題があった。

 この度の導入により、各営業員の「LINE WORKS」アカウントに必要な情報を届けることが可能となり、既読状況もわかることから情報を閲覧できていない営業員に対するフォローアップも可能になった。

 今後は、本社と各支社、また支社・営業員同士が「LINE WORKS」を通じて「営業ノウハウ」「営業における成功事例」の共有を行い、営業力の向上に向けた活用が予定されている。また、これまでは専門的な知識を有する社員が全国各地に出張し、支社の営業員に同行してお客様を訪問していたが、「LINE WORKS」のビデオ通話機能を活用し同行の営業活動を効率化することで、売り上げの拡大、また経費削減を目指すという。

【関連記事】
オプトの「TSUNAGARU」、LINE公式アカウントへの「友だち追加」流入経路の計測・分析が可能に
LINE、横断的データ活用を通じて最適な広告配信を実現する「クロスターゲティング」を提供
2019年Webサイト訪問数トップはGoogle アプリユーザー数ではLINEに【ヴァリューズ調査】
LINEとエビソル、AIを利用した音声自動応答サービス「LINE AiCall」の実証実験を開始
LINE、デジタル販促のコア機能をオープン化しAPIとして提供開始 パートナー制度も新設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/08 16:00 https://markezine.jp/article/detail/32722

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング