SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ウォンテッドリー、従業員の定着・活躍に向けた支援を開始 「Wantedly Perk」β版を提供

 ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、Wantedly利用企業の従業員の定着・活躍をサポートすることを目的としたエンゲージメント事業を開始。その皮切りとして、従業員が様々なサービスをリーズナブルに利用できる「Wantedly Perk」のβ版を、利用企業へ無償提供した。 

 同サービスはWantedly有料プラン利用企業に所属する従業員およびその家族(LGBTや事実婚などのパートナーも含む)が様々なサービスを安価に利用可能。同社は同サービスを通じて、挑戦を可能にするための学習や環境を提供し、従業員の活躍を支援していく。

「Wantedly Perk」の画面イメージ
「Wantedly Perk」の画面イメージ

 なお同サービスの正式版リリースは2021年9月1日を予定。また、同サービスへのサービス掲載パートナーを掲載費無料で募集している。

登録サービス例
登録サービス例

【関連記事】
ウォンテッドリーと電通が業務提携 名刺管理アプリのデータを活用した企業向けソリューションを共同開発
ウォンテッドリーの名刺管理アプリ、動画広告の提供開始 ユーザーの20%が年収1,000万円超え
会話のネタになる情報を自動収集!名刺管理アプリ「Wantedly People」に新機能追加
ウォンテッドリー、社内ツールを紹介し合えるサービス「Wantedly Tools」を提供開始
Wantedlyが働く面白さを伝えるメディア「WANTEDLY JOURNAL」を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/17 15:00 https://markezine.jp/article/detail/33031

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング