SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

365日、1分毎のラジオ聴取データを翌日提供 ビデオリサーチが「ラジオ365データ」を発表

 ビデオリサーチは2020年4月より、首都圏エリアにおいて毎日のラジオ聴取データが翌日に提供可能となる「ラジオ365データ」のサービスを開始する。併せて首都圏・関西圏・中京圏エリアにおけるラジオ個人聴取率調査のリニューアルを実施する。

 従来調査では年6週間分(1週間×6ヵ月)の調査だったが、同サービスの開始により調査を行っていない日の聴取状況も毎日確認することが可能となる。

聴取状況が確認できる範囲の変化を表した図
聴取状況が確認できる範囲の変化を表した図

 またこれまで訪問留置調査により紙の調査票で実施してきた首都圏・関西圏・中京圏エリアのラジオ個人聴取率調査は、2020年4月から順次、WEB調査に変更していく。

2020年4月以降の調査仕様

2020年4月以降の調査仕様

【関連記事】
2010年代のPCバナー広告を振り返り/最も出稿した企業は?【ビデオリサーチインタラクティブ調査】
2019年、キャッシュレス決済のデジタル広告出稿量は?【ビデオリサーチインタラクティブ調べ】
雑誌広告の注目率・精読率はどのくらい? ビデオリサーチ、日本雑誌協会らと効果測定調査を実施
2019年上期の「スマホ動画広告出稿量」、1位はネスレ日本に【ビデオリサーチインタラクティブ調査】
ビデオリサーチ、首都圏に住む12~69歳の男女を対象に「ラジオの個人聴取率調査」を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/23 15:30 https://markezine.jp/article/detail/33063

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング