SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、台湾大手の独立系広告エージェンシーグループ「Growww Media」を連結子会社化

 博報堂は、台湾の大手広告エージェンシーグループ・Growww Mediaの株式の過半数を株式公開買い付けにて取得し、連結子会社化した。

 Growww Mediaは、統合マーケティング、アクティベーション、PR、イベント、展示会、デジタルマーケティングの領域でサービスを提供する5つの事業ブランドを傘下に有している。その中には台湾で長い歴史を持つ総合広告グループ・United Communications Groupも含まれ、各社が得意領域で統合マーケティングコミュニケーションサービスを提供している。

 今回の連結子会社化で、博報堂のクリエイティビティを駆使した課題解決力、生活者データベース、デジタル/データマーケティングのナレッジやリソースをかけ合わせ、台湾のクライアント企業のビジネスを支援していく。

 また同社は、台湾から海外への進出を目指すクライアント企業に対するサポートも視野に入れている。

【関連記事】
博報堂、インドのフルサービス・デジタルエージェンシー「AdGlobal360」の株式を取得
博報堂DYグループが「東京生態マップ」を公開 エリア・時間帯ごとの訪問者特性を明らかに
博報堂DYメディアパートナーズとDAC、朝日新聞社と提携し業種特化型マーケソリューションの機能を強化
博報堂の「TEKO」と蔦屋家電エンタープライズ、クリエイティブコンサルティングサービスで協業
博報堂DYメディアパートナーズ、テレビとデジタル双方の出稿効果を高める広告プロデュースチームを発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/07 08:30 https://markezine.jp/article/detail/33328

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング