MarkeZine(マーケジン)

記事種別

LINEの広告メニューが「ニールセン デジタル広告視聴率」の計測に対応 リーチの可視化・比較が可能に

2020/05/14 14:30

 LINEは、同社が提供する動画広告「Talk Head View」および運用型広告「LINE広告」の「リーチ&フリークエンシー」と「ファーストビュー」において、ニールセン デジタルが提供するデジタル広告効果測定ソリューション「ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)」に対応した。

 同ソリューションは、テレビ視聴率と同様のリーチやGRP指標を用いて、PCやモバイルなどのデジタル広告におけるリーチを、重複を除いて統合・分析した結果をリアルタイムにレポートするものだ。

 今回の対応により広告主は、ターゲットユーザーへのブランドメッセージのリーチ状況を可視化し、また他のデジタルメディアとのリーチ比較によって、より効率的な広告投資を行うことが可能になる。

 なおTalk Head Viewは、LINEアプリのトークリスト最上部に配信する動画広告メニュー。またLINE広告のリーチ&フリークエンシーは、LINEのタイムライン面の訪問ユーザーに対し優先的に広告を配信することが可能な広告メニューだ。同じくLINE広告のファーストビューは、LINEのタイムライン面の初回訪問時に1日1社限定で最大24時間の広告配信ができるメニューとなっている。

【関連記事】
LINE LIVE、ホリプロデジタルエンターテインメントと業務提携 ライバーの芸能活動を全面サポート
Facebook、Twitter、LINE等が「ソーシャルメディア利用環境整備機構」を設立
LINE、調査メディア「リサーチノート」をオープン LINEリサーチで実施した調査情報を発信
Amobee、LiveRampと提携 ターゲティング広告と効果測定を強化
オプト、イルグルムと戦略的パートナーシップを開始 広告効果測定ツール「ADPLAN」を譲渡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5