MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「BuzzVideo」はミドル世代の男性が一人リラックスタイムに活用【TikTok Ads調査】

2020/05/18 18:45

 TikTok Adsは、同社が展開するショートムービープラットフォーム「BuzzVideo」のユーザー動向と実態をまとめた「BuzzVideoユーザー白書(2020.5)」を発表した。

ミドル世代の男性ユーザーが多い

 BuzzVideoのユーザーは、30代から60代のミドル世代の男性が多く、また既婚で子供を持つ人の割合が高いのが特徴。さらに、年収、可処分所得が他のプラットフォームと比較して高く、経済的に余裕がある人が多いことも今回の調査でわかった。

自分だけのリラックスタイムに活用

 BuzzVideoユーザーが「BuzzVideoは自分だけの時間に没頭できる」と回答した割合は、主要プラットフォーム3社平均との比較で143%。調査から、多くのユーザーが「帰宅後、夜の空き時間」や「寝る前」にBuzzVideoを楽しんでいることがわかった。またミドル世代ユーザーは「リラックス」し、「前向きな気持ち」になるために、BuzzVideoを通じて「自分だけの時間に没頭している」ことがわかった。

新しいジャンルとの出会いに前向き

 BuzzVideoユーザーが「BuzzVideoを見て興味がなかったジャンルを好きになった」と回答した割合は、主要プラットフォーム3社平均との比較で123%。スポーツ、お笑い、エンタメからニュース・時事・経済、How toなど全28分野のジャンルのうち、高い関心のジャンルは14と主要プラットフォーム5社平均8.6を上回っている。このことから、BuzzVideoは新しい関心事を発見するプラットフォームとして楽しまれていることがわかる。

【調査概要】
調査時期:2020年1月14日(火)~1月15日(水)
調査方法:インターネットリサーチ (調査委託先:マクロミル)
調査人数:1,030ss(BuzzVideoユーザー:515ss、BuzzVideoノンユーザー:515ss)
調査対象:全国20歳〜69歳の男女

【関連記事】
新型コロナで売上減少も「新たなビジネスチャンスが生まれた」30%【マーケター600名調査】
緊急事態宣言前と比べ約6割が受注数減少/テレワークが電話営業に影響【Mtame調査】
コロナ禍により約6割の企業で広告宣伝費が減少/約7割が新たな手法に積極的【Grill調査】
コロナ影響下で高年齢層が実店舗からECにシフト/巣ごもり消費により娯楽品が伸長【三井住友カード調査】
動画配信サービスの利用、約半数が外出自粛前と比べ増加と回答/視聴デバイスの多様化が加速【AJA調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5