SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、効果の高い広告テキストを自動生成する「極予測TD」を提供

 サイバーエージェントは、広告テキスト制作プロセスで検索連動型広告の効果を改善する「極予測TD(キワミヨソクティーディー)」の提供を開始した。

タップで拡大

タップで拡大

 同サービスは、同社のAI事業本部が開発した、検索連動型広告の検索キーワードすべてに対し広告文を自動生成する「広告テキスト自動生成AI」と、広告配信効果を事前予測する「効果予測AI」などを掛け合わせたもの。数億を超える検索キーワードすべてに対して自動で広告テキストを作成し、キーワード毎の品質スコア(以下、QS)を向上させる施策の継続的な実施を可能にする。

 具体的には、新規テキスト同士の効果予測ではなく、「現在配信中で最も効果が出ている既存テキスト」に対し新テキストの効果予測値を競わせることで、AIによる効果予測値が既存1位よりも上回った新テキストのみを広告主に納品し、広告配信を行う。

 先行テストでは、通常の制作プロセスと同サービスの制作プロセスによるQS上昇率を比較したところ、同サービスが通常プロセスの2.3倍だった。

【関連記事】
CA、成功報酬型の広告クリエイティブ制作サービス「極予測AI」を提供
CA、広告活動に限定せずマーケのDXを推進する「DX Opportunity Center」を設立
サイバーエージェント、エンタメ収益化・デジタルシフト支援を専門に行う子会社「OEN」設立
サイバーエージェントの広告クリエイティブ領域特別顧問に仲畑貴志氏が就任
Bloom&Co.とサイバーエージェントが「サイバーエージェント・ストラテジー」を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/25 16:15 https://markezine.jp/article/detail/33474

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング