SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SNS分析ツールKeywordmap for SNS、Twitterの「セグメント分析機能」を提供

 CINCは、同社が提供するSNS分析ツール「Keywordmap for SNS」において、Twitterのセグメント分析機能の提供を開始した。

 同機能は、Twitter上で複数のアカウントを「セグメント」として指定し、ニーズや投稿数の変化を期間指定で分析。これにより、Twitter上に無数に存在するユーザーの声から、自社がターゲットとするユーザーの興味関心の変化を時系列で読み取ることができる。

 具体的には、キーワードを軸としたセグメントニーズの可視化や、投稿数推移の確認が可能。また、最も投稿数が多い曜日・時間帯を分析したり、投稿内容から性別を推定・分析することもできる。

 キーワードを軸としたセグメントニーズの可視化では、複数アカウントのツイートに出現した単語を可視化する。アカウント・期間は任意に指定可能。

タップで拡大
タップで拡大

 投稿数推移の確認では、2つの期間指定から、投稿数推移を比較できる。

タップで拡大
タップで拡大

 最も投稿数が多い曜日・時間帯の分析では、指定セグメントの複数アカウントは、何曜日のどの時間帯に投稿が多いのか・少ないのかが把握できる。

タップで拡大

タップで拡大

 投稿内容から性別を推定・分析する際は、対象アカウントの過去の投稿までさかのぼり、実際の投稿文章から性別を推定して割合を横棒グラフで表示する。

タップで拡大
タップで拡大

 同機能は、「ターゲットの属性を理解したい」「ターゲットの興味関心を知りたい」「リアルタイムにターゲットのトレンドを追いたい」「リアルタイムにターゲットの興味関心の変化を追いたい」といったシーンで活用可能だ。

【関連記事】
BitStar、Twitterと共同広告メニューを提供 インフルエンサーによるプロモーション等を支援
女性向けメディア「Sucle」がInstagram/Twitterへの広告出稿プランを提供開始
Facebook、Twitter、LINE等が「ソーシャルメディア利用環境整備機構」を設立
Twitterプロモーション統合管理ツール「echoes」、 広告用ツイートの予約など新機能を提供
MimiTV、口コミマーケ支援サービス「#ガチレビュー」を提供/美容商材×Twitterに特化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング