SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CARTA HOLDINGS、電通のTVCMデータを活用し「PORTO tv」を提供

 CARTA HOLDINGSは、電通が保有するTVCMデータ・資産を活用し、広告主がTVCMをネット上で発注、制作、効果検証、最適化できる次世代型TVマーケティングプラットフォーム「PORTO tv」の提供を開始した。

 TV出稿が初めての広告主にとって、従来のTVCMは、企画や制作、放送枠の獲得や効果検証など、多くの費用や労力が必要だった。また、効果指標が複雑で、配信実績の可視化までに数週間から数ヵ月ほど時間がかかるため、リアルタイムでの比較や最適化がしにくく、費用対効果が不透明という課題もあった。

 「PORTO tv」は、AIを用いたシミュレーション、最適化、レポーティングを実現。レポーティングツールにより、最短で広告掲載翌日には配信実績を把握することが可能で、シミュレーションデータと比較しながら、AIによるチューニングでさらなる最適化を図ることもできる。

 また、Kaizen PlatformやCrevoなど様々なクリエイティブパートナーと連携し、エントリープランからプレミアムプランまで、ニーズに合った制作を行う。

 今後は、統合マーケティングプラットフォーム「PORTO」のオンライン買い付け(Premiumインストリーム、Premiumオーディオ、Premium DOOH)などと組み合わせ、TVCMの最適化だけでなく、デジタルとの統合的な最適化の実現も目指していく。

【関連記事】
アドプラットフォーム「PORTO」、インストリーム広告配信機能において「GYAO!」への配信を開始
VOYAGE GROUPの「PORTO」、IASのソリューションを導入 広告配信の健全化を推進
SupershipのDMP「Fortuna」と広告主向けアドプラットフォーム「PORTO」が連携
VOYAGE GROUPのアドプラットフォーム「PORTO」、DOOH広告の配信機能を拡充
VOYAGE GROUP、アドプラットフォーム「PORTO」に「BEYOND X PMP」を統合

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/29 08:30 https://markezine.jp/article/detail/33511

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング