SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プレゼントキャスト、社名を「TVer」に変更 動画配信サービス事業の推進に向け資本増強へ

 プレゼントキャストは、2020年6月30日の株主総会、取締役会での決議をもって、在京民放5社(日本テレビ放送網、テレビ朝日、東京放送ホールディングス、テレビ東京、フジ・メディア・ホールディングス)に対する第三者割当増資を実施して資本金を増強するとともに、取締役人事(代表取締役の異動)、2020年7月1日より「TVer(ティーバー)」への名称変更を実施する。

 同社では2015年10月に、サービスを開始した民放公式テレビポータル「TVer」を開始。2019年からはパソコン、スマートフォン・タブレットでの視聴に加え、テレビ用アプリで一部のテレビ受像機でも視聴できるようになり、録画機に代わる視聴サービスとしても利便性を拡大している。

 同社は、より魅力的なプラットフォームとしての進化を推進するにあたり、コンテンツプロバイダーである放送局による資本増強にて更なる連携強化を図り、またステークホルダーにとってわかりやすい社名へ変更。これにより、ユーザーに時間・場所・デバイスを問わないパーソナライズされた視聴体験を提供するサービスとして利便性の拡大を続けていく。

【関連記事】
「AJA DSP」が「TVer PMP」と連携 プレミアムメディアのインストリーム動画広告在庫を拡充
フリークアウト、在京民放5社と提携し動画広告マーケットプレイス「TVer PMP」を提供
「TVer」「TikTok」などが急成長/動画メディア・サービスの利用実態【フィールドワークス調査】
博報堂DYMPなど4社、TVerやGYAO!を掲出先とした運用型インストリーム動画広告サービスを開始
アドプラットフォーム「PORTO」、インストリーム広告配信機能において「GYAO!」への配信を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング