MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「Facebookショップ」、国内での提供開始 中小ビジネスのオンライン事業をサポート

2020/06/17 15:15

 Facebookは、中小ビジネスのオンライン事業をサポートする「Facebookショップ」の提供を開始した。

 同サービスは、カスタマイズ可能なオンラインショップを無料で作成でき、同社が提供する様々なアプリで公開できる。

ブランドイメージに合わせたショップ構築を可能に

 運営にあたっては、自社のカタログからおすすめの商品を選んでコレクションを作成したり、画面の色を変更して、ショップの雰囲気をブランドイメージに合わせることが可能。

 ショップ利用者は、企業のFacebookページやInstagramアカウント、ストーリーズや広告からFacebookショップにアクセス。コレクションから興味のある商品を保存したり、注文することができる。日本におけるサービスでは、注文すると企業アカウントのアプリ外のWebサイトに遷移し、商品購入が可能だ。

実店舗のような体験を提供

 また同サービスでは、実店舗にいるときに店員に声をかけるのと同様に、質問をしたり、サポートを受けたり、配達を追跡したりするためにWhatsAppやMessenger、Instagramダイレクトを活用してメッセージのやりとりができる。

 将来的には、WhatsAppやMessenger、Instagramのチャット内でショップの閲覧、購入が可能になる。

 同社は今後、企業やユーザーが同サービスを利用できるよう展開していく。既にFacebookページショップや、Instagramのショッピング機能を利用している企業は、自動的に同サービスに移行。メールやアプリ内の通知を受け取り、同社の審査で承認されると、利用が可能になる。

今夏、「Instagramショップ」機能を米国からスタート

 また同社は今夏、Instagramにて「Instagramショップ」機能をリリース予定。米国から提供を開始する。

 同機能は、Instagramの発見タブでの商品閲覧、購入を可能に。ユーザーは、ショッピング機能を活用している様々なブランドを紹介する公式アカウント「@shop」のコレクションから、インスピレーションを得ることができる。また、お気に入りのブランドやクリエイターが選んだ商品を見る、美容やインテリアなどカテゴリー別にアイテムを探したり、気に入った商品を購入するなどの体験が可能だ。

【関連記事】
AppsFlyerとFacebook、ゲーム業界向けにキャンペーンレベルのアプリ内広告効果測定を提供
Facebook、Twitter、LINE等が「ソーシャルメディア利用環境整備機構」を設立
リタゲ広告首位のFacebookに迫るGoogle AppsFlyerがモバイル広告業界レポート発表
「Shirofune」がFacebook広告とInstagram広告に対応 運用業務の自動化を実現
Zendesk、Smooch買収 LINEやFacebook Messengerなど多チャネルに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5