SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スパイスボックスとAIQ、企業が起用するべきインフルエンサーを選定するサービスの提供へ

 スパイスボックスとAIQは、企業が起用するべきインフルエンサーを選定する法人向けのマーケティングサービス「INFLUENCER Ginmi」を共同開発し、提供を開始した。

 同サービスは、AIQが保持する独自のシステムにより、インフルエンサーのフォロワーの属性や投稿内容を分析することで、企業にとって適切なインフルエンサーの選定を行い、ターゲットに企業の情報を届けることを可能にするものだ。

 具体的には、企業で保有しているインフルエンサー候補リストを「INFLUENCER Ginmi」にあてることで、インフルエンサーのフォロワーの属性を判定し、起用するべきか否かを判定できる。対応するプラットフォームはTwitter、Instagramとなる。

 これにより、インフルエンサー候補者リストの精度が向上し、インフルエンサーマーケティングの費用対効果を高められるほか、従来の担当者による候補者のチェックや絞り込みの手間を省略することが可能になる。

 なお同サービスで閲覧可能な指標は、インフルエンサーのターゲット親和性スコア、インフルエンサーの基本情報、フォロワーの属性情報、自社・競合関連での投稿の有無となる。

【関連記事】
AnyUp、インフルエンサーによるサンプリングレビューサービス「BuzzTrial」を提供
トレンダーズ、インフルエンサー監修のInstagramアカウント運用プラン「Famee」を提供開始
AnyMInd Group、インフルエンサー向けD2Cインキュベーション事業を開始
トレンダーズ、インフルエンサーネットワークを活用したECサイト事業者向けSNS広告プランの提供へ
サイバー・バズ、Twitterのキーワードからインフルエンサーを抽出できるサービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング