SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Kaizen Ad」がオンラインでの利用登録を可能に 事例動画の活用でより直感的な発注の実現へ

 Kaizen Platformは、同社が開発・提供する動画広告クリエイティブサービス「Kaizen Ad」のアップデートを行い、初期費用・月額費用が無料で利用できるサービスを拡充した。

 今回のアップデートにより、オンラインでの利用登録や無料での事例動画の視聴が可能になるほか、事例動画を参考にしながら動画1本単位から発注することも可能になる。

 事例動画は、同サービスのプラットフォームを通じて制作された動画の中から、公開されている動画を検索して閲覧できる。業種、配信プラットフォーム(FacebookやInstagram等)、サイズ・秒数などのカテゴリ検索も可能で、制作したい動画に近い事例からインスピレーションを得ることが可能に。

 また発注時に目的別、デザイントーン別に分類された事例動画を選択してクリエイターに伝える機能も近日中の公開を予定している。これにより、制作指示書のテキストでは表現が難しい定性的な情報も、選択形式で伝えることが可能となる。

※開発中の画面
※開発中の画面

 同サービスでは、FacebookやGoogleなどの各種配信プラットフォームとも連携しており、制作した動画は「Kaizen Ad」上からアップロードが可能。また配信結果のレポートも動画単位で比較可能で、結果をもとに次の制作を依頼することで継続的なPDCAの効率化と成果の向上を支援する。なお、動画クリエイティブ単位で詳細な分析を可能にするダッシュボードも近日リリース予定だ。

【関連記事】
クロシードデジタルとBUZZCAST、動画を活用したキャラクタープロデュース支援事業を開始
ヤプリとJストリーム、オンデマンド/ライブ動画配信をともなうビジネスアプリの導入を支援
AOI Pro.がオンライン上で発注から納品までを完結する「フルリモート動画制作プラン」を提供開始
Viibar、従来型の広告動画制作や広告運用事業から撤退 動画SaaS・ライバー支援・DX支援に注力
ランサーズ、フーモアと業務提携 月額制・修正回数上限なしの「広告用漫画動画の作り放題プラン」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング