SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Re.Hatch、媒体を横断して広告効果を可視化するダッシュボード 「ONE」をリリース

 Re.Hatchは、広告運用の設計から、ROASやLTVの可視化、運用改善に向けた提案までを行うBIサービスとして、ダッシュボード「ONE」をリリースした。

 同サービスでは、Google Analyticsやadjustなどの計測ツールや、AdWords、Facebook、Twitter、LINEなどの広告媒体を横断して分析し、広告効果の可視化を支援。また、改善に向けたコンサルティング支援を提供する。

 ダッシュボードは、自社で開発をすることなく利用可能。利用する企業から広告の運用レポート、計測ツール、広告媒体のアカウントを共有することで構築できる。

 これにより、広告運用をインハウス化する企業のレポート抽出工数の負担を削減し、運用改善の実行やマーケティングにおけるよりスムーズな意思決定を支援する。

【関連記事】
AppsFlyerとFacebook、ゲーム業界向けにキャンペーンレベルのアプリ内広告効果測定を提供
ラクスルのテレビCM効果測定ツール、アプリダウンロード計測に対応 CM放映期間のCVを可視化
広告効果測定の課題に約5割が「人手不足」と回答/オンオフの統合的な分析を求める傾向に【サイカ調査】
アジト、広告データの可視化を自動化する「Databeat Explore」を提供開始
シャノンとウイングアーク1st、マーケティングデータを可視化する「SMP連携ダッシュボード」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/01 12:45 https://markezine.jp/article/detail/33740

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング