MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ウェザーニューズ、1kmメッシュの高解像度な「体感予報API」を提供 商品への需要や興味関心を予測

2020/07/10 12:55

 ウェザーニューズは、企業や自治体のDX推進を気象データの切り口から支援するサービス「WxTech(ウェザーテック)」において、商品需要予測や最適な広告配信などに活用可能な「1kmメッシュ体感予報API」の提供を開始した。

 同APIは、ウェザーニューズに寄せられるユーザーからの体感報告と、天気、気温、湿度、風速などの気象データの分析から、「暑い」「寒い」「ちょうどよい」など、人の体感を10ランクで予報。過去9年半に全国から寄せられた約1,500万通の体感報告と、報告時の気象データとの分析結果を基にしており、北海道と沖縄での暑さや寒さの感じ方の違いなど、地域特性も反映している。

 体感予報のデータは、全国1kmメッシュ/1時間単位で取得が可能。これにより、商品の需要予測や消費者の興味関心に合わせた広告配信など、マーケティングに広く活用できる。また、データから商品やサービスの需要を正確に予測することで、売り切れ・売れ残りを防ぐ商品発注の最適化や、業務の効率化が期待できる。

同APIの想定活用シーン
  • 売り上げ予測
    商品需要を予測し、発注を最適化。売り切れ・売れ残りを防ぐ。
  • 天気(体感)連動広告
    商品・サービスへの興味関心を予測し、最適なエリア・タイミングでのプロモーションを実施。
  • 電力需要予測
    電力需要を予測し、発電計画に活用。
  • タクシーの配車予測
    乗車率を予測し、効率的な配車を実現。

【関連記事】
ウェザーニューズ、気象データに連動した「天気連動広告」提供 位置情報に応じた出し分けを可能に
資生堂と日本気象協会が共同で「寒暖差肌荒れ指数」開発 天気予報専門メディア「tenki.jp」で提供
トレンダーズ、SNSトレンドを予測・分析する 「SNSトレンドファインダー」を提供開始
オプト、上智大学山下研究室と産学連携を開始 広告効果の時系列予測と統計的分析の新手法開発へ
西友が日立とAIで需要予測し自動発注するシステムを導入開始 人手不足への対応と食品廃棄ロス削減を狙う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5