MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【参加無料】コンテンツを軸に営業・マーケ連携を推進!実践に学ぶBtoBマーケの体制構築

2020/08/12 09:00

 MarkeZineは、9月1日(火)~2日(水)にオンラインにて「MarkeZine Day 2020 Autumn」を開催する。

 1日の16時50分から行われるセッション「コンテンツを軸にオンラインシフトを推進!ニューノーマル時代のBtoBマーケティング体制構築」には、サトーの江成 太一氏、スリーエムジャパンの田中 訓氏が登壇。BtoBマーケティングの支援を行うLEAPTの戸栗 頌平氏がモデレータを務め、二社の見込み顧客創出のためのコンテンツ企画・制作・運用のポイントとそれを支える組織体制について紐解く。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2020 Autumn
登壇セッション:コンテンツを軸にオンラインシフトを推進!ニューノーマル時代のBtoBマーケティング体制構築
モデレータ:株式会社LEAPT 代表取締役 戸栗 頌平氏
パネリスト:株式会社サトー グローバル営業本部 マーケティング統括部課長 江成 太一氏、スリーエムジャパン株式会社 コーポレートデジタルマーケティング部 部長 田中 訓氏
日時:2020年9月1日(火)16:50~17:50
会場:オンライン
参加費:無料(事前登録制)

 自動認識技術を活かしたプリンタ・ラベル貼付機などを提供するサトーでは、2年前からWebコンテンツやセミナーの強化に取り組んでいる。主にメール配信をきっかけとしてWebに集客し、問い合せ・申し込みを獲得するフローを整えてきたが、ゼロからの体制構築は容易ではなかった。実践から導いた成功のポイントとは。

 また、化学・電気素材メーカー スリーエムジャパンでは、BtoBデマンドジェネレーションを4つの柱で進めており、オンラインセミナーを主体に見込み顧客を創出するための体制作りを行っている。コンテンツを最大限活かすための組織・体制に迫る。

 対面での営業が難しい今、コンテンツを軸にして営業活動をオンライン化する体制作りや、MAツールを活用しながら見込み顧客を育成する仕組み作りは、BtoB企業にとっての課題ではないだろうか。本セッションから、自社の取り組みに活かせるヒントを見つけてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5